エナジーサプリを目的に合わせて取り入れる

  • 様々な生物に欠かせないアミノレブリン酸

    • アミノレブリン酸は、ALAや、γ-レブリン酸とも呼ばれるアミノ酸の仲間で、地球上に生物が初めて誕生した、およそ36億年ぐらい前から、あったとされていて、命の源となる物質であるという位置づけがされています。



      アミノレブリン酸は人間だけでなく動物や、植物などといった、たくさんの生き物に存在して大切な働きをしています。アミノレブリン酸は、クロロフィルとも呼ばれる葉緑素という色素を生成するときに必要となる成分となっていて、人間など動物においては、血管の中で酸素や栄養素を運搬するヘモグロビンを生成するのに必要となる成分となります。
      植物に与えることによって、味が良く、ストレスに強い果物や、野菜を作ることができるので、植物の肥料にも配合されています。

      真剣にgoo ニュース情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

      アミノレブリン酸は、生物の身体の中で、クロロフィルだけでなく、ビタミンB12や、ヘムなど色々な物質に変化します。そして、細胞の活動を支えるエネルギーを生み出す働きをサポートする作用があります。細胞のミトコンドリアで鉄と結びついて、ヘムを生成します。

      ミトコンドリアで細胞のエネルギーを生み出すプロセスの中でヘムは欠かせない存在となっています。



      アミノレブリン酸が身体の中で足りなくなると、このヘムを生成することができず、細胞がエネルギーを生み出せなくなってしまうので、人間の身体の機能を維持する上で大切な成分であることが分かります。

      エネルギーが代謝する働きを活性化し、身体全体の代謝を活性化させる作用が期待できます。

top