エナジーサプリを目的に合わせて取り入れる

  • マラソンにはエナジーサプリが最強

    • 最近のマラソンブームで、皇居周辺で走る人がいつも以上に増えてきています。

      マラソン大会では、よく30kmの壁などと言われることがあります。

      人間の身体には、グリコーゲンなどおよそ1600kcal〜2000kcalの蓄えがあります。

      そして、ちょうど30kmを走ると1600kcal〜2000kcalを消費します。そのため、30kmを走ると身体の蓄えがなくなり、一気にエネルギー不足になります。

      こういった理由で30km以降が非常にきつくなってきます。


      このようなことを防ぐ方法もあります。


      それが、エナジーサプリです。



      エナジーサプリはコンパクトな割に、ハイカロリーなので携帯にも便利です。マラソン大会の時に、ウエストバッグなどに2・3個入れて、10kmおきに摂取すると30km以降のエネルギー不足を防ぐことができます。

      Girls Channelの情報をまとめました。

      とくに、マラソンなど激しく体を使っているときは、胃が食事を受け付けません。
      そのようなときにも、エナジーサプリは摂取しやすい味になっており、すんなりとエネルギー補給ができます。

      マラソンだけでなく、普段のトレーニングやランニング中にも、とても有効です。特に、全身への負荷が大きいランニングでは、身体が蓄えているエネルギーを消費し過ぎると、筋肉を分解しエネルギーに変換していきます。

      せっかくのトレーニングなのに、筋肉を減らしていては意味がなくなります。そのようなときには、ランニング中にエナジーサプリを摂ると、トレーニング効果がより大きくなります。



top